−培養表皮症例−




右 術前の状態

右 術後11日目

右 術後1ヶ月目

右 術後5ヶ月目



左 術前の状態

左 術後11日目

左 術後1ヶ月目

左 術後5ヶ月目


術   前 紫色にマーキングした範囲をUltra-pulseCO2レーザーでアブレージョンして培養表皮表皮を移植します。
術後11日目 移植部は赤くて培養表皮はまだしっかりしていない。
術後1ヶ月 色素沈着が目立ちますが、この状態でカバーマークなどのお化粧はできる。
術後5ヶ月 ほぼ正常の皮膚の色になっている。



レーザーアブレージョンくりぬき自家増殖因子成分添加培養表皮移植法



レーザアブレージョン+くりぬき+自家血液増殖因子+培養表皮移植


にきびのある部分を全体に皮膚をけずる専門のレーザーでアブレージョンし、

次に深い陥凹部をくりぬき、全体に自家血液増殖因子を添加する。

赤い丸い部分がくりぬいた部分。さらにその上から培養表皮を移植しているところ。
術  前

にきびの陥凹はかなり深い。
他の治療でも改善しなかった。
ところどころ、アイスピック状の
変形がめだつ。
培養表皮移植後3ヶ月

にきびの凹凸が改善しているが、
やや赤みが目立つ。
培養表皮移植後2.5年

にきびの凹凸が改善している。
移植部と周囲の皮膚との差は
ほとんどめだたない。