-自家培養耳介軟骨を用いた手術例-


- PAGE NEW-


術前正面の状態

鼻とあごにシリコンインプラントが入っている
培養軟骨移植後2年後の状態

鼻の高さとあごの両方に
培養軟骨が移植されている。
培養軟骨移植後6年後の状態

鼻の高さとあごの形態は
良好に維持されている。

術前側面の状態

鼻とあごにシリコンインプラントが入って
いる。側面のレンントゲン写真でシリコン
インプラントがあるのがわかる
培養軟骨移植後2年後の状態

鼻の高さとあごの両方に
培養軟骨が移植されている。
培養軟骨移植後6年後の状態

鼻の高さとあごの形態は良好に維持
されている。側面のレンントゲン写真で
シリコンインプラントはなく、培養軟骨が
鼻の形態を維持しているのがわかる


培養軟骨の新しい移植方法 (2段階法)

腹腹部に培養軟骨を注入移植しているところ。

皮下に鼻のインプラントを形成できるくらいの大きさの
スペースを作ったあとに培養軟骨を注入移植している。
皮膚の切開の長さは約2〜3cm.
6ヶ月後に腹部に形成された軟骨をとりだしているところ。

十分な大きさの軟骨が形成されている。

シリコンインプラントの形に軟骨を形成したところ。
大きな軟骨をけずるので十分な高さが得られる。
腹部のきずあと。お臍と比べるときずの
大きさがわかる。それほど目立たない。


新しい培養軟骨移植法 (2段階法)

この方法はブロックの軟骨に脂肪がつけられるので、鼻背部、鼻尖部の皮膚の薄い症例に有効です。
また軟骨がブロックで得られるのでインプラントの形状に合わせて形成できる点も優れています。
十分な高さが作成でき、調節も可能になりました。また、鼻尖部の引き下げ(鼻中延長)もできます。
以前のゼリー状の培養軟骨にくらべて格段に進歩しました。