-麻 酔 科-     矢永 克 (日本麻酔科学会認定専門医)


常勤の麻酔科専門医の存在は非常に重要です。それぞれの患者さんの健康状態をもとに手術の計画段階より手術担当者と綿密な打ち合わせを行い、手術方法、手術時間、出血量、麻酔方法、自己血輸血の準備の必要性など数多くの検討を行っております。 より安全な医療がもとめられています。当院を受診されるみなさんが安心して手術をうけて頂くことができますように、常に準備を整えています。

 麻酔について何かお聞きしたいことがあればどうぞなんでも遠慮なく、私に質問されて下さい。どんなことでも構いません。できる限り十分な時間を頂いて麻酔についてのお話をさせて頂くようにしています。安心して手術室に入って頂き、そして安全な、安定した管理を行い、良い手術の結果が得られますように日々全力を尽くしています。




<略 歴>

福岡県立小倉高等学校卒業、平成3年山口大学医学部卒業後、同年より久留米大学病院および関連病院で麻酔科、形成外科、消化器一般外科、整形外科を研修。


平成13年7月矢永クリニック開設 

平成15年4月医療法人 

風の会 矢永クリニック 理事長 

日本麻酔科学会認定専門医 

日本整形外科学会認定専門医


平成13年7月に開院した矢永クリニックは矢永博子の形成外科医療を具現化するためのクリニックです。ライフワークである乳房再建、組織培養研究室における培養軟骨、培養表皮、培養線維芽細胞の臨床応用を2本の柱として全国にそして世界に私たちの形成外科医療を発信してゆくつもりです。

 私は矢永クリニック代表として、また矢永博子の夫として彼女の医療を支持します。その本当の成果は患者さんが十分ご存知です。医療は確実に進歩しています。今まで不可能と思われてきたことが少しずつ可能となってきています。開院以来、私たち自身も確実に進化していると実感しています。私たちは知恵と勇気を持ち手術に臨み、かつアカデミックに形成外科、美容外科に取り組んでゆきたいと考えています。